バイオグラフィー
メッセージ・フォー・ジュン
アーティスト・カフェ
ホーム
ワークス
ライブ・プロパティー
コンタクト
バイオグラフィー
Discography  Album 1996 - 2017
花 / 深町 純
  Hana / Jun Fukamachi
Gate(2011)
2005
2005

Producer :佐藤 輝夫 Teruo Satou
Released

深町 純 Jun Fukamachi(Piano)
CD:Indies House
FIN-012
〜深町純ピアノソロ
「花鳥風月」シリーズ
Released: 2005/02/17
深町 純がインディーズ・ハウスで2000年にリリースしたシリーズ「四季」に続いて手懸けるシリーズ「花鳥風月」 の第一弾。前シリーズと同様、音で自然や人の心にある風景を描きだす美しい作品。『花』は、深町 純のオリジナルを中心に、滝廉太郎から、シューベルト、童謡、そして喜納昌吉まで、興味深い曲が収録されている。聞く人々の心に優しく響くアルバム。
 

深町純が50歳代半ばを過ぎようとする2000年頃から2010年に没するまでの約10年間、彼の円熟期と言えるこの時期に、深町純は未発表のものも含めピアノソロ作品を多く残したが、そのほとんどは即興演奏で行われた。
 
(原曲があるものは即興でアレンジと演奏を行い、それ以外は作曲、アレンジ、演奏など全てが即興という、実力と感性ともに卓越した音楽家のみが成せる手法による)
 
このアルバムはそのピアノソロ即興作品群の中の一つ 。


01. 花(滝廉太郎)
02. 梅〜武蔵野  フリージア
03. さくら(童謡)

04. ひまわり
05. 野ばら(シューベルト)
06. 月下美人  r Pasa~
07. 萩
08. 柊(ひいらぎ)
09. 燕子花(かきつばた)
10. 花水木 
11. 石蕗の花 
12. 花〜すべての人の心に花を〜(喜納昌吉)
〜深町 純 自身によるライナー・ノーツより〜

古今東西、人は花々を愛してきました。日本人である僕たちも例外ではありませんが、その花に対する想いには独特のものがあると思います。それは 「( 雑 )草」と「花」の中間の「草花」という言葉にも象徴されています。かつて千利休の作りだした世界観でしょうが、茶席に飾る花はそういった草花であり、派手な大輪の花を好みません。特別でないごく普通の生活の中に大切なものを見いだす。それは「大切さ」というものを、改めて問いかけているように思えます。植物としての花だけでない、精神的な存在としての花。こういうものを音楽でも表現できたらと思ったのが、この「花鳥風月」シリーズの最初のアルバム 「花」です。あなたの好きな花を思い浮かべて聴いていただければ幸いです。
 

" さくら " from 2005 花鳥風月シリーズ「花」
他の曲を試聴する
(jun alive)
バイオグラフィー
メッセージ・フォー・ジュン
アーティスト・カフェ
ホーム
ワークス
ライブ・プロパティー
コンタクト
バイオグラフィー
このWebサイト上の文章・画像・写真・レイアウトなどの著作物の全て、または一部を、
サイト管理者の許可なく第三者が複製・使用する事を固く禁じます。

Copyright © FUKAMACHI ism All Rights Reserved.