バイオグラフィー
メッセージ・フォー・ジュン
アーティスト・カフェ
ホーム
ワークス
ライブ・プロパティー
コンタクト
バイオグラフィー
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
  / 深町 純
 Jun Fukamachi
  サージェントペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
1977
1977

Producer :
Released

All songs words and composed
by John Lenon & Paul McCartney
LP:TOSHIBA EMI
LF-95014
Released: 1977
 
2012年(平成24年)6月11日、
タワーレコードより復刻
 →タワーレコード限定
CD:Tower To The People
QIAG-70052
Released: 2012 /06/11
 
複数の楽器を同時に演奏しながら(あるいは多重録音による)の深町 純 ソロ作品。ビートルズ「サージェントペパーズ」のカヴァーアルバム。
 
(ただし、1977年リリースのオリジナルLPのライナーノーツでは「ダイレクト・カッティング盤」とされている。)
 

深町 純 Jun Fukamachi
  :Steinway D-type Piano
  :Fender Piano
  :Sorina
  :Arp synthesizer
  :Oberheim
  :Glocken
  :Bass Drum
  :Tambourine

 
ジャケットのイラストはパロディー。よく見ないとわからないが、小さく深町純の顔が描かれている。このイラストは玉渕文雄氏によるもので、第一回JPC展(日本パロディー広告展)で佳作入選の作品。
 

A-1. SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND(5:00)
A-2. WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIEND
(5:23)
A-3. LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS
(5:19)
 
B-1. A DAY IN THE LIFE
(6:57)
B-2. SHE'S LEAVING HOME
(6:07)
B-3. SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND
   (REPRISE)
(3:18)

Illustration :玉渕 文雄 Fumio Tamabuchi
この他、ビートルズを題材とした深町純 ソロ・アルバムは下記がある。
 
ビートルズを題材とした深町純 編曲による楽譜集。
 
収録風景 
1977年リリースのLPライナーノーツより)
〜深町 純 自身によるコメント〜
(2000年頃のCD復刻予定時のもの、
※ただし、この時は諸事情により発売されず)
旧サイト「最新アルバム」ページより転載
 
 中古売場に行くと「新古」という表示のものがあります。時代は古いものであるけれど、未使用であるという意味でしょう。このアルバムは初めてCD化されたという意味で、再発ではなく正に「新古品」です。録音は77年ですから、もう23年も前のものです。当然オリジナルはLPだったのですが、普通のLPだったのではありません。僕の記憶に間違いが無ければ、これはダイレクト・カッティングのアルバムだったと思います。そして、新しい音楽を模索していた当時の僕にとっての、ひとつの挑戦でもありました。
 ダイレクト・カッティングとは録音テープを使わず、直接レコード盤に録音溝を刻んでしまうという、最も原始的な、従って最も原音忠実な録音方法です。しかしダビングや、やり直しが一切きかない録音方法は演奏家にとってはかなりの精神的重圧がかかります。また、演奏を終えても、カッティング・エンジニアか らの報告を待たなければOKにはなりません。一度テープに録音されたものをカッティングする場合は、先行ヘッドといって音量を考慮して録音溝の間隔を開けられるのですが、こういう録音ではそれもできません。突発的な大音量があると、録音溝が一周前の溝にまたがってしまいNGとなるのです。そういった様々な プレッシャーは良い演奏を阻害するものです。
 楽器演奏だけの音楽(歌がない)は、当時はジャズとクラシックに限られていました。その状況は現在でもあまり変わってはいないかも知れません。僕が挑戦と書いたのは、そのどちらにも属さない演奏をやりたかったということです。ロック・ピアノと言っても良いのですが、ロックとは基本的に(歌付きの)ダンス ミュージックです。後期のビートルズの音楽が、単なるダンス・ミュージック(あるいはポップ・ミュージック)の枠を越えたのは周知の事実です。特にこのサージェント・ペッパーズ・・は、オーケストラを使った意欲的な作品でした。そういった時代の流れの中で、僕も新しいピアノ音楽をやりたかったと言えば、 少し大げさすぎるかもしれませんが、そういう音楽をやっている音楽家は、少なくとも当時、日本には見あたりませんでした。
 記念碑的作品というものがあれば、このアルバムは僕にとってそういうものの一つかも知れません。今回、キープのアルバムに続いて、ビビッド・サウンドから発売されることになりました。
 
 
1975年「Introducing」  
(Tower To The People QIAG-70050)
 
→タワーレコード限定
 
1977年「SecondPhase
(Tower To The People QIAG-70053)
 
→タワーレコード限定
 
"Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band "
  from 1977 Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
  
(音源:1977年発表のオリジナルLP)
他の曲を試聴する
(jun alive)
バイオグラフィー
メッセージ・フォー・ジュン
アーティスト・カフェ
ホーム
ワークス
ライブ・プロパティー
コンタクト
バイオグラフィー
このWebサイト上の文章・画像・写真・レイアウトなどの著作物の全て、または一部を、
サイト管理者の許可なく第三者が複製・使用する事を固く禁じます。

Copyright © FUKAMACHI ism All Rights Reserved.